スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心拍数が…

2012.11.15(38w4d)
助産師外来の日でした。
いつもの血圧・体重測定→検尿のあとは 事前の指示通りNSTから。

NSTルームは最大10人くらいが利用できますがカーテンで仕切られており
近くで計測しているひとの赤ちゃんの心拍数も聞こえてきます。
「あれ、、うちの子またずっと動いてるし心拍数も早いかも…」
初めてのNSTの時もそうだったのであまり気にせず 私はリラックスして
ウトウトしていたのですが 係の助産師さんが途中で「具合悪いですか?」
「ちょっと熱を測ってください」何度も邪魔しにくる。
「寝かせてよー」思いながらも対応しているうちに30-40分が経過し終了。

ロビーでしばし待ったあと 助産師外来。
週数・私の体重・赤ちゃんの体重全てにおいて「出産するなら今がいちばん
いい頃」なんだそう。「予定日まで(あと10日程)育つと少し大変かもね」とも。
そんなこと言われると焦るってば。。。。

それからNSTの結果について
助「赤ちゃんよく動いてましたねぇ。 心拍数がずっと高かったですよね」
私「そうなんですよ~」
助「お母さんが熱があったり 赤ちゃんが感染症にかかっていたりすると
心拍数があがってしまうことがあるんですよ」
私「動いてるからって元気なだけじゃないんですね」
助「そう。大人でもそうだけど 心拍数がずっと高いということはそれだけ
赤ちゃんも疲れちゃうの。だんだん弱ってしまうこともあるから…」
私「えっ!
助「念のためこの後もう一度NSTやってみましょうね」
私「お願いします

ということでもう一度計測することに。
結果「2回目は落ち着いてたみたいですね。赤ちゃん元気ですよ
と言われ ものすごーーくホッとしました。
更に念のため 予定になかった医師による内診もしてくれましたが
異常はなかったようです。
逆に「(陣痛を促すために)よく動いてくださいね」と言われ
笑顔で見送られました。


安定期に入ってから順調すぎた分 ここにきてとても不安になりました。
出産した友達に「産まれてからの方が心配ごとは尽きないよー」と
言われることもあります。
出産がゴールでないことはわかっているのですが 今の私にとっては
やはり 今がすべてなんですよね。赤ちゃんの様子は機械を通して
でなければほかのひとには見えない。この子の命は私しか守れない
という責任感を 今更ながら強く感じました。

もう少し一緒にいようね
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。